東京オリンピック2020

カタカナ国名シャツ(東京オリンピック)のブランドは?購入方法や価格は?海外の評判は?

happy face

現在開催されている東京オリンピックは各国で盛り上がっていますね!

その中でスポーツと意外で話題になっているのは、「カタカナで書かれたTシャツ」をイギリス選手が来ていたことで話題になりました。

カタカナがどこかクールでイケてますよね!一体どこのブランドなのでしょうか?

購入方法や価格も気になりますね。

この記事でわかることは?
  • カタカナ国名シャツのブランドはどこ?
  • カタカナ国名のシャツの購入方法や価格は?
  • カタカナ国シャツの海外の評判は?

カタカナ国名シャツのブランドはどこ?

調査した結果、ドイツのadidas本社で作られたものでした!

ホスト国である日本の文字を使ったユニフォームにすることで敬意を表現したそうです。

Tシャツもかっこいいですし、カタカナで書かれたユニフォームを着用する海外選手になんだかほっこりしますね!

こちらはイギリス代表の選手が着用していたものがSNSに投稿された記事です。

瞬く間に買いたいなどのコメントが書き込まれています。

 

この投稿をInstagramで見る

 

Team GB(@teamgb)がシェアした投稿

陸上女子100メートルなどに出場するディナ・アッシャースミス選手です。

アディダス社の白いシャツをまとって腕を組んでいます。

もちろんデザインもあるかもしれないが注目はカタカナで書かれた「イギリス」のカタカナです。

さらに今大会では卓球の混合ダブルスで水谷隼選手と伊藤美誠選手と準々決勝で戦ったドイツのヨルグ・ロスコフコーチがこちらも「ドイツ」とカタカナで書かれたシャツを着ていたこともSNSで話題になっています。

カタカナがおしゃれに見えますね!

スポンサーリンク



カタカナ国名シャツの購入方法や価格は?

おしゃれでクールなカタカナ国名Tシャツほしくなっちゃいますね!

購入方法や価格はいくらなのでしょうか?

購入方法:ドイツadidas本社のみ販売(日本発送不可

価格  :カタカナイギリスTシャツ:4,300円(28ポンド)

     カタカナドイツTシャツ:3,900円(30ユーロ)

adidasドイツ本社のHPから購入できるようですが、日本への発送を行っていません。

もしかすると海外のオークションで見つけられるかもしれませんね。

去年、アシックス社がカタカナを使ったTシャツを販売していました。

「トーキョー2020」と書かれたTシャツが東京オリンピックとアシックスがコラボをして出していました。

お値段はTシャツが税抜きで3500円です。

帽子が税抜き2500円です。

フェイスタオルは税抜き2000円で販売されていました。

これも探してみたのですが今は販売されていない可能性が高いと思います。

オリンピック関連のグッズは世界中で話題になることがるのでゲットしたいですよね!

また何かわかりましたら追記いたします。

スポンサーリンク




カタカナ国名シャツの海外の評判は?

カタカナのシャツを着て投稿された国のイギリスの反応は「実際に買いたい」「華麗なTシャツだ」といったコメントが多くみられました。

さらに卓球の新種目男女混合ダブルスで水谷選手と伊藤選手が戦ったドイツ代表のコーチのヨルグ・ロスコフコーチの胸元にあったアディダスの下にカタカナのドイツと書かれていたのが国内でもかなり高評価でした!

映るたびに、ツイッター上での日本人の反応は「カタカナでかわいい」「めっちゃ気になる」「ドイツの洒落心」「思わず笑った」「日本好きなのかな」といったコメントが相次ぎました。

カタカナのデザインはアディダス社でも多くデザインを取り扱っていますし、それに海外の方はアニメが好きな方も多くいるのでカタカナや漢字の入ったデザインを着る方は多くいらっしゃいます。

日本人が英語の入ったデザインを好んで着るのと同じなのかもしれませんね!

スポンサーリンク



まとめ

今回はカタカナ国名のシャツについてどこのブランドか、値段はいくらか、海外の反応など深く紹介をさせていただきました。

まとめはこちらです。

  • カタカナTシャツはドイツのadidas本社で作られたものでした!
  • 購入方法:ドイツadidas本社のみ販売(日本発送不可価格  :カタカナイギリスTシャツ:4,300円(28ポンド)

         カタカナドイツTシャツ:3,900円(30ユーロ)

  • イギリスの反応は「実際に買いたい」「華麗なTシャツだ」といったコメントが多くみられました。

海外の方の反応もリアルでかっこいいといったコメントやそのTシャツが欲しいといったコメントも多いでしたね!

まだまだオリンピックは続くので他の国の方も真似をしてカタカナの入ったシャツを着てくれるのではと期待しています。

error: Content is protected !!