ドラマ

【レンアイ漫画家】あいこのアパートロケ地はどこ?コタローは1人暮らしと同じ?

renai_apartment

毎週木曜日10時フジテレビで「レンアイ漫画家」が放送中です。

第三話では吉岡里帆演じる久遠あいこがついにアパートの家賃が払えなくなりアパートを出ていくことになりました。

そんなあいこが住んでいたアパートのロケ地がドラマ「コタロー1人暮らし」と同じアパートでは?とSNSで話題となっています。

今回はあいこが住んでいたアパートのロケ地がどこなのか、またドラマ「コタロー1人暮らし」と同じアパートかどうか調査いたしました!

この記事でわかることは?
  • 【レンアイ漫画家】あいこのアパートロケ地はどこ?
  • 【レンアイ漫画家】あいこのアパートロケ地はコタローは1人暮らしと同じ?

【レンアイ漫画家】あいこのアパートロケ地はどこ?

あいこが泣く泣く退去したアパート「さくら荘」のロケ地はどこなのでしょうか?

茨城県常総市にあるアトリエミカミが所有するハウススタジオ

renai_apartment2引用:Twitter

吉岡里帆演じる久遠あいこが名残惜しそうに見つめる昭和レトロなアパートが印象的です。

このアパートに住んでいた時には、片岡愛之助(かたおかあいのすけ)さん演じる清一郎の担当編集の向後達也(こうごたつや)が仕事の依頼でおとずれていましたね!

一旦離れるこのアパートですがまた戻ってこられるのでしょうか?

アパートのロケ地の場所についての詳細はこちらです。

住所:茨城県常総市水海道森下町4455-1

路線:常総線北水海道駅徒歩4分

このスタジオはアトリエミカミが所有するハウススタジオで、アパート丸ごとスタジオになっているようです。

撮影の為日本で唯一撮影専用に改造したアパートのようです。

あいこさんの質素な堅実に暮らしていた生活スタイルや印象にぴったり合ったアパートですよね!

またこのアパートが見られるといいですね!

レンアイ漫画家第四話のあらすじは?

あいこさんは昭和レトロなアパートを去って、ついに刈部清一郎の豪邸に居候することになります。

共同生活が始まるドキドキわくわくな第四話についてあらすじをご紹介いたします。

久遠あいこ(吉岡里帆)を居候させることを決めてしまった刈部清一郎(鈴木亮平)だが、向後達也(片岡愛之助)の忠告に、不安を募らせる。数々のルールは決めたもののすでにレン(岩田琉聖)も同居しているため、人付き合いの苦手な清一郎に耐えられるかと向後は心配していた。案の定、生活リズムが乱され、狼狽する清一郎。一方、あいこは刈部邸での生活費を一部分担するにあたり、どれも高級品ばかりだと気づいて戸惑っていた。このままでは支払えない…。背に腹はかえられぬ。清一郎に課せられたミッション“友情から恋愛に変わる過程”を実行するしかないのか…?

引用:Yahoo!ニュース

これからの居候生活でどんな展開が待っているのかとっても楽しみです!

レンくんのちょっと嬉しそうな姿を見られるのもいいですね。

まるで苅部一家のような3人はあったかい?展開になるのでしょうか?!

スポンサーリンク



【レンアイ漫画家】あいこのアパートロケ地はコタローは1人暮らしと同じ?

ご紹介したあいこさんの住んでいたアパートのロケ地は茨城県にあることがわかりました。

同じロケ地のアパートでドラマ「コタローは1人暮らし」を撮影したという話がありますが本当でしょうか?

「レンアイ漫画家」のアパートと「コタローは1人暮らし」のアパートは同じ!

こちらはコタロー1人暮らしのアパートです。

kotaro引用:Twitter

アトリエミカミのHPで調べた結果、間違いなくどちらも同じアパートでした!

これからも同じアパートでドラマや映画の撮影で使われる可能性もありますね。

スポンサーリンク




まとめ

ここまで【レンアイ漫画家】あいこのアパートロケ地はどこ?コタローは1人暮らしと同じ?について調査してまいりました。

まとめはこちらです!

  • あいこが住んでいたアパートのロケ地は、茨城県常総市にあるアトリエミカミが所有するハウススタジオ
  • 「レンアイ漫画家」のアパートと「コタローは1人暮らし」のアパートは同じ!

あいこさんが住んでいたアパートは昭和レトロであいこさんのイメージにぴったりですね。

同じアパートを他のドラマでも使っていることがわかったことで、別のドラマでも使われる可能性もあって見つける楽しみにもなりますね!

これからのドラマ「レンアイ漫画家」は苅部さんとの一緒の生活にドキドキワクワクです!

どんな展開が待っているのか楽しみにしています!!!

error: Content is protected !!