ヒト

宇佐見りん推しの俳優は磯村勇斗?「推し、燃ゆ」のあらすじからヒントは?

book

「世界一受けたい授業3時間スペシャル」で芥川賞の宇佐見りんさんが先生として出演されます!

宇佐見りんさんの芥川賞受賞作品と言えば「推し、燃ゆ」ですが、宇佐美りんさんの推しが誰なのか気になりますよね!

推しの候補として「磯村勇斗さん」が候補として挙がっていますか、可能性について検証いたします!

またインタビューや「推し、燃ゆ」のあらすじに散りばめられたヒントをご紹介したいと思います。

この記事でわかることは?
  • 宇佐見りんさんの推しは磯村勇斗さんって本当?
  • 宇佐見りんさんの作品「推し、燃ゆ」のあらすじに散りばめられたヒントは?

宇佐見りんさんの推しは磯村勇斗さんって本当?

宇佐美りんさんは「推し」の存在を明かしながらも誰なのか非公表としています。

推しを気遣い尊重する形での非公表ということなのでしょうか。

しかし宇佐美りんさんの推しが誰なのか推測したとことろ、

ずばり!同じ出身地の俳優、磯村勇斗さんの可能性は高い

ということがわかりました。

 

この投稿をInstagramで見る

 

磯村勇斗(@hayato_isomura)がシェアした投稿

理由は宇佐美りんさんはインタビューで6~8年「推し」の俳優がいると語っています。

私にも、長く推している俳優さんがいます。

それまでにも好きな俳優さんはたくさんいましたが、「この人を追いたい」「ファンクラブに入りたい」という感覚が芽生えたのは初めてのことでした。

引用:AERA 2021年3月22日号

8年くらいということは、宇佐美りんさんが13歳の中学1年生ぐらいの頃からファンだったことになりますね!

特に私が推しているのは俳優なので、彼が一番見せたいものはすべて舞台に乗っているんじゃないかなと思っています。

推しのすべての行動を信奉したり、批評したり、ということは避けていて、これはあかりと通じるかもしれません。

(引用元:『好書好日 ~Good Life with Books~』)」

世間の中学生はアイドルや歌手に憧れてしまう時期だと思うのですが、宇佐美りんさんは舞台俳優が推しであると答えています。

舞台でも活躍する宇佐美りんさんとゆかりのある俳優を調べたところ、静岡県沼津市出身の同じ出身地の磯村勇斗さんである可能性が高いことがわかりました。

宇佐美りんさんは「演劇部」に入っていたようです。

また、私は演劇部に入っていたので、その方の演技を研究することで演劇自体をより好きになることができ、新たな世界を知った気がします。

引用:AERA 2021年3月22日号

磯村勇斗さんは、静岡県立沼津西高等学校在学中に芝居を学ぶために地元の劇団に入り舞台に立っていたそうです。

演劇部に入っていた宇佐美りんさんと地元の劇団に入って舞台に立っていた磯村勇斗さんが出会うチャンスは高いと考えます。

スポンサーリンク



宇佐見りんさんの作品「推し、燃ゆ」のあらすじに散りばめられた推しのヒントは?

宇佐美りんさんの推しについて、作品「推し、燃ゆ」のあらすじや主人公に散りばめられたヒントについてご紹介したいと思います。

まず推しの原点として作品の中で言っていることがあります。

「すごく感情を狂わされたり、ときには人生を肯定されて生きやすくなったり…と『推し』との関係性は趣味にとどまらない、一つの生き方。自分の中の理想とどうにもならない現実とのギャップが小説を書く原動力になっている」

宇佐美りんさんの「推し」についての価値観が作品に反映されていることがわかります。

愚問だった。理由なんてあるはずがない。存在が好きだから、顔、踊り、歌、口調、性格、身のこなし、推しにまつわる諸々が好きになってくる。坊主憎けりゃ袈裟けさまで憎い、の逆だ。その坊主を好きになれば、着ている服の糸のほつれまでいとおしくなってくる。そういうもんだと思う。

インタビューでは、推しのすべての行動を信奉したり、批評したり、ということは避けていて、これは主人公のあかりと通じるかもしれない、ということを言っていました。

宇佐美りんさんも「推し」の存在が心の支えになっていることがわかりますね。

一方で宇佐美りんさんの「推し」への応援の仕方は作品の主人公とは違うということもわかりました。

「私は大量のグッズを集めたりするタイプじゃなくて、どちらかというとそのお金があったら、足を運んで目に焼き付けておきたいタイプなんですよね。

舞台上の推しと、舞台を降りたその人とは別物だと捉えていて。

あかりのように舞台上以外の情報を集めることもありますが、基本は舞台上の推しを応援している感じです。

引用元:『好書好日 ~Good Life with Books~』

元演劇部という視点で「推し」を応援しているということかもしれませんね。

インタビューや作品を通して宇佐美りんさんの推しへの感覚が分かってきたような気がしました。

スポンサーリンク




まとめ

宇佐見りん推しの俳優は磯村勇斗?「推し、燃ゆ」のあらすじからヒントは?について調査してまいりました。

宇佐美りんさんと同じ出身地で演劇つながりの磯村勇斗さんが推しである可能性は高いことがわかりました。

また作品の「推し、燃ゆ」のあらすじや主人公から宇佐美りんさんの推しへのヒントがたくさんありました。

芥川賞を取った宇佐美りんさんですが、テレビ出演にてどんな授業をするのかとっても楽しみですね!

これからの宇佐美りんさんのさらなる活躍を楽しみにしています!

error: Content is protected !!