速報

ビルゲイツ離婚!慰謝料は日本円でいくらになる?離婚は税金対策か?

年収

2021年5月3日、誰もが知るマイクロソフト創業者であるビル・ゲイツさんが27年間連れ添った妻・メリンダ・ゲイツさんと離婚したことがわかりました。

2人の間には3人の子供がいますが、多大な資産を持つビルゲイツさんの離婚とあって、慰謝料がヤバそうなことは想像できますよね。

ということで今回はビル・ゲイツさんの離婚で慰謝料が日本円でどのくらいになるか、また離婚理由は税金対策なのか、ということを調査してまいりたいと思います。

この記事でわかることは?
  • ビルゲイツ離婚!慰謝料は日本円でいくらになる?
  • ビルゲイツ離婚は税金対策か?

ビルゲイツ離婚!慰謝料は日本円でいくらになる?

ビル・ゲイツさんの資産から想定される慰謝料はこちらです。

慰謝料: 約6兆5000億円(想定)

ビル・ゲイツさんの保有資産額は推定1300億ドル(約14兆円)だそうです。

アメリカ・フォーブス誌の長者番付の1位にもランキングされ、世界4位のお金持ちにもランキングされるビル・ゲイツさんですのでやはり慰謝料もヤバいくらいケタ違いですね!!!

換算レートによる差もあるかもしれませんが、慰謝料は少なくとも6兆円にはなるのではと予想されています。

同じ富豪と知られる米オンライン販売大手アマゾンの創始者のジェフ・ベゾス氏は妻のマッケンジー・ベゾス氏との離婚によって4兆円前後の株式を慰謝料として分与したと言われています。

その後慰謝料についてマッケンジーさんはこのように伝えています。

「私には不相応な額のお金がある。引き続き思慮深い姿勢で慈善事業に取り組む」と表明した。

引用:https://www.nikkei.com/

マッケンジーさんが受け取った慰謝料の半分ほどを慈善団体に寄付したようです。

よってビル・ゲイツさんの奥さんメリンダ・ゲイツさんさんもたくさんの慰謝料はもらいますが半分ほどは慈善団体への寄付をする可能性もあります。

スポンサーリンク



ビルゲイツ離婚は税金対策か?

27年連れ添った奥さんとの離婚の理由が気になっている人がたくさんいます。

夫婦名義で慈善団体も立ち上げるほど同じ価値観で人生を歩んでいたと思われるのに、急な離婚劇にびっくりした人多いと思います。

その理由は税金対策ではないかという声もあります。

アメリカの税金額は州によっても異なりますが、ビル・ゲイツさんは米CNNのインタビューで、これまでに1兆円超を納税してきたと言っています。

その上でビル・ゲイツさんは大富豪は「もっと税金を支払うべき」と言っています。

離婚理由だけでなく慈善団体設立も税金対策と言われていますが事実は分かりません。

もし税金対策だとしても慈善団体への寄付に費やす分は私腹を肥やしているわけではないのでいいのではないかと思いました。

ちなみにビル・ゲイツさんはメリンダさんとの離婚理由としてこのように伝えています。

「私たちの関係について熟考した結果、結婚生活を終わらせる決断をした」と投稿。「すべての人が健康で生産的な生活を送ることができるよう、世界中で活動する財団を築いてきた」としたうえで、「人生の次のフェーズにおいて、夫婦として一緒に成長できるとは思えなくなった」と述べている。

引用:https://news.yahoo.co.jp/

資産がどれだけあろうと結婚生活がうまくいくとは限らないようですね。

離婚の真の理由はわかりませんがビル・ゲイツさんもごく普通の夫婦間の悩みを抱えていたのかもしれませんね。

スポンサーリンク




まとめ

ここまでビルゲイツ離婚!慰謝料は日本円でいくらになる?離婚は税金対策か?について調査してまいりました。

まとめると、ビルゲイツさんの離婚の慰謝料は約6兆5000億円と推測します。

また離婚が税金対策ではないかという話がありましたが過去に大富豪は「もっと税金を支払うべき」と言っていたので真実はわかりません。

大富豪の離婚後の妻たちが慰謝料の半分ほどを慈善団体へ寄付していることから、メリンダ・ゲイツさんも寄付へ費やすのではと推測します。

error: Content is protected !!